おすすめ広告①


お薦め リンク


カウンター




出会い系サイト


お薦めリードメール


リードメール

ナッチュ・ラボ
OIxZ6.gif

 白くつしたのナッツ
2007122F112F332Ff01456335F01318682Egifs.gif

 P-maga


 天空
10ku.biz




お薦め さいと

マクロミル
マクロミルへ登録

GetMoney





プロフィール

piichjp

Author:piichjp
お小遣いGETしようと思って
豚の貯金箱に参加しました(^_^)v
一緒に、楽しんでみませんかぁ


月別アーカイブ


カテゴリ


リンク


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
290*124


残暑 お見舞い申し上げます



暑い暑いと行っていた夏も、もう終わって秋に突入ですね。
「暑さ寒さも彼岸まで」っていわれるように

秋分の日がくると、寒気や暑気が一段落してしのぎやすくなってきます。

祝日法では、春分の日は「自然をたたえ、生物をいつくしむ」日とされ、
秋分の日は「祖先をうやまい、なくなつた人々をしのぶ」日とされています。

彼岸
「春分の日」と「秋分の日」を中心とした、それぞれ前後3日間の計7日間が「彼岸」です。

春分の日・秋分の日を「彼岸の中日」といい、彼岸の初日を「彼岸の入り」、
最終日を「彼岸の明け」といいます。

彼岸はもともと仏教用語です。現世と来世の境を川にたとえ、煩悩の多い現世を川のこちらの岸「此岸(しがん)」、悟りの境地である来世を川の向こう岸「彼岸」と呼びます。

septem02.png


仏教では、西の彼方に極楽浄土があるとされています。春分・秋分には太陽が真西に沈むので、
極楽浄土の場所がよくわかり阿弥陀仏を礼拝するのにふさわしい、
また昼夜の時間が等しくなるので「中道」の教えにかなう、などと考えられてきました。

一般の家庭でもお仏壇を清め、お供えをして、ご先祖様のお墓参りに行きます。
これらの彼岸の習慣は日本独特のもので、仏教の発祥地・インドや、
日本に多くの行事を伝えた中国にも無いそうです。

「寒さ暑さも彼岸まで」の言葉のように、彼岸は季節の節目です。
農作業の区切りとして行われていた祭りなどが仏教と結びついて、
年中行事として定着したのであろうと考えられています。


ぼた餅・おはぎ
春の彼岸は種まきの頃、秋の彼岸は収穫の頃です。

豊作を祈り感謝する気持ちと、先祖供養の気持ちが、彼岸に「ぼた餅・おはぎ」を
お供えする習慣として伝えられてきました。

麦・ヒエ・アワ等の雑穀を主食とし、米が貴重だった時代の庶民は、
収穫した米の中から不入りのものなどを「ぼた米」として保存しておき、
祭りや節句の時にお餅にして神様にお供えしていました。

ここから「ぼた餅」の名が付いたといわれます。
一方、宮中などでは上品に「萩(はぎ)の花」と呼んでいて、
これが庶民に伝わると略され「おはぎ」になったともいわれます。

春は牡丹(ぼたん)の花の季節に近いのでぼた餅、
秋は萩の花の季節なのでおはぎ、と呼ぶという説もあります。


社日
春分・秋分に最も近い戊(つちのえ)の日を「社日」といい、農耕の神を祭ります。

「社」の字は「示」と「土」から成り立ち、土をつかさどる神という意味があります。

春の社日は農作物の種まきの時期ですので、五穀の豊穣を祈ります。
秋の社日は収穫の時期ですので、初穂(その年最初に実った作物)をお供えして神様に感謝を捧げます。

「戊」は十干(じっかん)の「土の兄」。土の「気」が強まるため土いじりによくないとされ、
現在でも社日には農作業を休むよう伝えられています


                 imagesCA6IQSRQ.jpg


gunxrenge.gif   gunxrenge.gif   gunxrenge.gif    imagesCA6IQSRQ.jpg




スポンサーサイト

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。